トップ / 高級食材を見分けるポイント

開店祝いに高級食材

高級食材を見分けるポイント

高級食材の見分け方とは

高級食材と言ってもフカヒレの価格は幅広く、同じ量でも数百円で売られているものもあれば、数万円するものまであります。開店祝いなど贈答用なら安物は選ばないですが、実際に食べ慣れていないと価格差による違いが分からないかもしれません。

極端に安いフカヒレの中には、ゼラチンに添加物を混ぜた人工の偽造品があります。フカヒレはまったく使われていません。安い外国産の赤身肉に牛脂を注入したものを高級和牛として売るのと似ています。ただし、偽造と批判された牛肉が現在は「インジェクション肉」と呼ばれるように、ゼラチンだけのフカヒレは「フカヒレ風」と表記されています。

逆にフカヒレを名乗っても、本物はほんの一部で、残りはゼラチンや春雨などで代用している場合もあります。これは、「散翅(サンツー)」というバラバラの状態で売られているものに多いようです。

決定的な見分け方はその食感です。本物のフカヒレは煮込んでもプリプリとした歯ごたえをキープしています。ゼラチンで出来たものは時間が経つほどフニャフニャになります。春雨が混じったものは全くの別物で、すぐ見分けがつくでしょう。

贈答用にするなら、やはりデパートなど高級食材を扱う専門店で選ぶのが一番です。近くにそのような店が無ければ、通販で取り寄せる方法もあります。通販なら地元では手に入りにくい遠方の名産品を選べたり、贈答用に包装やのし付けをしてくれたり、価格によっては送料が無料になるなど、良いことづくめです。

ただし実物を見られるわけではないので、届いてみたら思ったよりも小さい、味も大したことがない、という可能性もあります。贈った側が恥ずかしい思いをするかもしれません。多少値が張っても、味に定評のあるホテルや料理店、名の知れた販売所、信頼できるネットショップなどから買うのがおすすめです。