トップ / 開店祝いを贈る際のマナーとは

開店祝いに高級食材

開店祝いを贈る際のマナーとは

開店祝いのマナーについて

開店祝いを贈る際には、縁起を担ぐ以外にもマナーがあります。せっかく贈るのですから、相手が気持ちよく受け取れるようにしたいものです。

開店祝いの相場は贈る相手によって変わります。取引先に贈るのであれば最低でも1万円以上が望ましく、友人に贈る場合は高額過ぎるとお祝い返しの負担になるかもしれません。5千円から5万円の範囲で、関係や親しさに応じて調整します。

贈るタイミングは、あらかじめ開店の報告を受けているなら、余裕を持って1週間前から前日までに届けるか、手渡しするのが一般的です。ただし、相手が「六曜」を気にして「大安」を開店日にしていると、その前日はかなりの確率で凶日の「仏滅」になります。他の日も時間帯によって吉凶があるので、時期を見計らって「大安」に贈るのが無難です。

開店当日は忙しいので基本的には避けますが、お花だけは開店直前に届くよう手配します。開店を後から知っても1ヶ月以内なら同様にお祝いの品を贈っても問題はありません。それ以上経過していたら開店1周年など次の節目に贈りましょう。

開店祝いはそれだけで相手にしてみれば嬉しいものですが、そこにメッセージを添えると、もっと気持ちが伝わります。友人など親しい間柄なら多少砕けた文章でも問題はありません。目上の人や取引先ならビジネス文書の様式にしてきちんとした言葉遣いを心がけましょう。

やはり縁起は重視されるので、火事や赤字、事業の失敗を連想させる言葉は避けます。例えば「火」「赤」「失う」「負ける」などです。特に「流れる」や「燃える」は無意識に使いがちなので気をつけましょう。心配なら電報やレタックスのように定型文が用意されているメッセージサービスを使う方法もあります。